酒造り(その1)


アメリカに来たらやってみたかったことの一つ、それは個人での酒造り。

ご存知のとおり、日本では個人での酒造りが事実上(※)禁止されています。梅酒漬けるのが許されているくらいですね。これも他人に振舞ったら違法になるし。
しかしここはアメリカ!堂々と作り放題なのです!!我がモットー「その時にしかできないことをその時する!」に従い、ここは作るしか!

酒税法による規制。酒類製造免許を取ろうとすると、1年に6000リットルの酒を造り続ける必要があります・・・。

まずは醸造酒!字は難しいですが要するに糖分と酵母を混ぜて、適当な温度に置いてやればいいのです!

 C6H12O6 → 2 C2H5OH + 2CO2

これがアルコール醗酵の式。簡単でしょう?

今回はブドウジュースを原料に、「ワインっぽいもの」を作ってみることにしました。材料はこんな感じです。
写真Welchの濃縮ブドウジュース1本(370ml)
水1.1リットル:醗酵容器も兼ねる
砂糖150グラム
パン用ドライイースト2g

醗酵系は雑菌が大敵なので、使う道具は全て良く消毒します。
食洗機があるので、それに全部突っ込んでしまえば楽です。
写真水も一旦沸騰させて雑菌を殺します。

写真Welchのジュース・・・飲んだことないんですが甘ったるいんですかね。
甘み(糖分)はアルコール醗酵で分解されるから、元が多少甘くても問題ないんでしょうけど、だとしたら国産のワインはなんであんなに甘いんですかね?

写真沸騰した水にブドウジュースと砂糖を溶かして、室温まで下げます。
イーストは活性化させておきます。(40℃くらいのお湯と砂糖ちょびっととイーストを混ぜて置いておくだけ。そのうちぶくぶく膨らんでくる)

写真 写真水のボトルにブドウジュースを入れます。

写真上からイーストを垂らして今日の作業は完了。蓋は軽く閉めておきます。
あとは室温に数日置いておきます。終日暖房がかかっている我が家は醗酵に最適。

写真1晩たったところ。あぶくが出てきています。

次回は3日後にオリ引きの予定。

ビーフシチュー


   
火曜からこの週末にかけて、昼でもほとんど氷点下の厳しい寒さだったんですけど、月曜からはちょっと暖かくなるみたいです。

ところで日曜はビーフシチューを作りましたよ。
写真こっちはビーフシチュールーみたいなのは売ってなくて、おまけにデミグラスソースの缶も見たことありません。代わりに調味料セットが売っていたので買ってみました。
写真牛肉は安いです。写真のは1ポンド(450g)で4ドル15セント。日本の豚肉より安いかも。野菜はニンジン・ジャガイモ・セロリにマッシュルーム。何故かレシピには野菜の量がカップ数(2.5カップとか)で表記してあります。よくわからん。調味料は水と小麦粉で混ぜます。
写真今回買ったのは"Bag 'n Season"と言って、調味料とポリ袋がセットになってます。ポリ袋の中に材料と調味料を入れて、そのままオーブンに投入すれば出来上がりという楽チンセット。
写真350°F(230℃)のオーブンにそのまま入れます。
写真1時間半後。完成。
写真袋から出したところ。オーブンで作るとジャガイモが煮崩れないのがいいですね。肉は柔らかくなってました。
写真完成。味は・・・・・・いまいち。やっぱりデミグラスソース探そう。
奥は豆腐とキャベツのオイスターソース炒めです。オイスターソースは日本の味の素のに比べるとちょっと甘くて牡蠣風味が強い。リキンキのをもう少し強くした感じ?これはこれで美味しいです。

写真おまけ:近所の酒屋で買える安ワイン($10以下)。白は甘くないの探してるんですがまだ見つかりません。左のシャルドネも甘い。赤は最初に買ったCHIANTIがいい感じで何回か買ってます。ビールはSamが濃くて美味しい。一度Miller買ったけどこれは薄くて不味かった・・・。

クリスマスパーティ


  
今年も 同期(なお&りえ)宅のクリスマスパーティに 参加しました。

364日と22時間前に届いた比翼シャツとソムリエエプロンも、活躍しました。

今年もワイン担当でした。去年(12本購入したが4本しか飲まず)の反省を踏まえ、購入は4本にして、その代わりに単価をちょっと上げて、アルコール度数低めで甘めのを増やしました。
ただ、「渋めのワインが飲みたい」という要望もあったので、1本はシラーズのタンニンばりばりのやつを。

さらに、ゆかりさんの誕生日記念ワインと、ゆかりんさんからだいぶ昔にいただいたワイン(※)も つけました。

※ 酒好きのゆかりんさんが妊娠してしまったために譲り受けたもの。お子さんが乳離れしたら飲もうと保管し続けていたものの、いい加減な保存環境だったため、ヒートショックを受けてしまった。

料理は、パルミジャーノ・レッジャーノの1kg塊を買ったこともあり、チーズたっぷりのグラタンを作成。
http://cookpad.com/tetsumaru/recipe/462707/
ワインと合って、非常に美味しかったです。
(写真 撮り忘れ)

反省点:
 1) 辛口の白ワインがもう1本あっても良かった。
 2) ちょっと長居しすぎた。
 3) 寝ちゃった・・・。

いろいろ ごめんなさい。

関連:
 ホステスりえの日記 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=662796751&owner_id=4827190
 ゆかりさんの日記 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=664334020&owner_id=5847109

世界ワインの旅:8月はポルトガルワイン


 
ここ2ヶ月は差し替え続きだった世界ワインの旅ですが、8月は予定通りに来ました。ポルトガルのワインです。

ポルトガルというとポートワイン(酒精強化ワインの1種)が有名ですけど、ワインも紀元前から造られていて、日本人が初めて飲んだワインはポルトガルワインとも言われているそうです。(全て受け売り)

今回は白2本、赤1本でした。
赤はトゥリガ・フランセーザ、ティンタ・ロリス、ティンタ・バロッカ・ティンタ・アマレーラという あまり聞かないブドウ品種でしたが、飲んでみたらなかなか美味しい。
「ブルーベリーの香りにあけび、シナモン、そして焦がした木の風味」なんてのはさっぱりわかりませんが、「タンニンもこなれていて」ってのは なんとなくわかるような。

あと2本は、このシリーズで白が来るのは珍しいので、ちょっと取っておいてみようかと思います。

世界ワインの旅・お届け月変更についてのお詫び


  

 当商品でございますが、多くのお客様からご好評を賜り、7月分のお届け商品を至急追加の手配を致しましたが、商品の日本到着が間に合わず、やむ無くお届けの商品を変更させていただく次第となりました。7月商品を心待ちにされておりました皆様には誠に申し訳なく、また不測の事態により書面をもってのご連絡となりましたことを深くお詫び申し上げます。
 なお、お届け商品の変更については以下の通りでございます。
  ・12月商品を7月にお届け
  ・7月商品を12月にお届け

またか!
6月分の南アフリカワインが10月のチリワインと交換になったのに引き続き、7月のドイツワインが12月のフランス(ボルドー)のと交換になりました。
ドイツワインは白ばっかりで、普段白買わないから 楽しみにしていたのにな~~~~。
大体12月に白ってのはどうなのよ。(いいんじゃない?)
http://www.belluna.net/mywine/pg/hanpukai/hanpu28.html

などと文句を言ってみたものの、1000円くらいの赤ワインは大好きなのです。今回もカレーのために、シャトー・モンセーヌなるのを開けましたが、1000円ワインにありがちな「限りなくミディアムに近いフルボディ」って感じで 良かったです。平日の夜に1本空けても 翌朝6時に起きれる このくらいのワインがいいですよね。
こんな私に 高いワインは 飲ますだけ無駄ってもんです。

そういえば 以前ホームパーティしたときに、「これ、昔 人からもらったんですけど、うちじゃ飲まないんで持ってきました」って、カロン・セギュールの96年を持ってきた女性がいました。
「1本1万円以上するハートラベルのワインを貰う」ってそれ、なんか特別な意味があったんじゃないですか??こんなところでワイン素人で飲んじゃっていいの???とか思いながらも、ありがたく頂戴しました。大変美味しゅうございました。

※写真 強烈にピンボケで すみません。

【自炊】チリワイン と キーマカレー


   
世界ワインの旅 6月は、当初予定の南アワインが入荷遅れたらしく、10月分のチリワインが来ました(大丈夫か)。

シラーと、メルローと、チリならでは?のカルメネール。
カルメネールは1度しか飲んだことないけど、好きな感じだった記憶があるので 楽しみです。

それはともかくとして、朝食用カレーが切れそうなので、これから作ります。
カレー用にメルロー抜栓します。

(1時50分追記)

メルローは若干刺激のある味。葡萄品種だけで決まらない感じがしますなあ。

カレー完成しました。諸事情(※)によりシナモンたっぷりになりましたが、まあたまにはこういうのもいいかも。
※蓋あけるところ間違えた