FMモジュレータ取り付け


名前を知るのに時間がかかった
 
 
私の乗っている車はダイハツ エッセ、ついている純正オーディオには外部入力端子がありません。
iPhoneの音を車内スピーカーで聞くにはFMトランスミッタを使わないとならないのですが、雑音が多い(特に屋根のある駐車場で顕著)し、嵩張ったり電池交換が必要だったり、いまいちなんですよね。

「あー音声信号をFM信号に変えて、有線でアンテナジャックに入力できたらいいのになー」と思っていたら、そのものずばりの物がありました。FMモジュレータと言うそうです。
 

 
早速購入したのは、DatasystemのFSM413。
http://www.datasystem.co.jp/products/fsm413/index.html
楽天で、税送料込みで6,000円くらいでした。

 
こんな感じで、アンテナケーブルとカーオーディオの間に接続。

 
車に取り付けます。エッセのカーオーディオ周辺はこんな感じ。右端にiPhoneのクレードル、真ん中下に充電ケーブルが写ってます。

 
オーディオ周りのパネルは爪で引っかかっているだけなので、隙間にヘラなどを入れて大胆に引っ張れば取れます。

 
オーディオ本体もネジを4本抜けば簡単に取れます。
これが背面、左がアンテナジャックです。

 
アンテナジャックを付け替え、電源はオーディオコネクタのところから付属のエレクトロタップで分岐します。ボディアースも適当に接続。

 
オーディオ本体の下の空間に余裕がありそうだったので、モジュレータ本体を両面テープで貼り付け。
電源ケーブルと信号ケーブルをまとめて束ねているあたりが駄目駄目、でもいいのです。

 
クレードル周り。わりとすっきり配線できました。
ピラー脇のボタンは切り替えスイッチで、ONにすると外部入力有効、OFFで普通のFMが有効になります。自動切り替えタイプもあるみたいなんですが、それほど面倒でもないのでこれでOK。

 
 
肝心の音質は、雑音もなく良好です。
所詮はFMラジオの音質なんですけど、車内で聴く分には充分。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中