【自炊】豚の角煮


アメリカ仕込み
 
 
この2年間でちょっと上達した気がする、豚の角煮です。
下茹でのときにレンコンを入れるのがポイントっぽいです。
角煮もですが、残りの下茹で汁とレンコンで作ったカレーが激ウマ。
 
 
<材料>
豚バラ塊肉 800g
長ネギ青い部分 1本分
生姜 1かけ
レンコン 2~3節
ローリエ 1枚
酒1/2カップ、しょうゆ大匙4、砂糖大匙3、ニンニク1かけ、八角1個
 
<作り方>
1) レンコンは3cm厚の半月切りか銀杏切りにする。生姜は薄切り。
2) 鍋に塊豚肉、生姜、ネギの青い部分、ローリエ、レンコン、
  たっぷりの水を入れて火にかけ、1時間半煮る。
3) 2)の鍋から豚肉を引き上げる。煮汁は1カップ半だけ本煮込みに使う。
4) 豚肉を一口角に切る。
5) フライパンで中火で豚肉の各面を焼いて、脂を落とす。
6) 鍋に豚肉、煮汁1カップ半、酒~八角までを入れて、1時間煮る。
7) できあがり。好みでゆで卵を入れたり、汁を煮詰めたり、冷蔵庫に入れて脂を取ったり。
 
 

フライパンで脂を落としているところ。
あまり焦がさずに、じっくり焼くのがポイントかと。
出た脂はラードとして使えるそうで、昔は取っておいたんですが、一度も使ったことがないので最近は捨てています。
 

手前が、本煮込みに入ったところ。奥はレンコンと煮汁(今回はゴボウも入れた)。
レンコンってこのくらい大きくても、長時間煮るとほっこりして美味しいです。
たまねぎ、ニンジン、ブロッコリーなんか足してカレーにすると最高。
肉は不要ですが鶏肉を少し入れても。
カレールーは普段より少なめでいいです。
ゴボウは入れないほうが良かったみたいです。
 
肝心の角煮のほうは、すごく優し~い感じに仕上がりますので、辛子とかつけるといいかも。それかもう少し煮詰めるといいかもしれません。
 
<12月31日追記>

一晩冷蔵庫で冷やしたもの。
脂が固まりますので、スプーンかなにかで取ってから、温めなおします。
 

完成です。途中つまみ食いしたので、だいぶ量が減ってます。
 

卵。
水に入れて火にかけ、沸騰してから5分、急冷して殻を剥き、煮汁の中でさらに2分。あとは冷ましながら味を染み込ませます。ちょっと火通り過ぎましたがいい感じ。煮汁と卵が残っていれば何度でも作れるので、次回はもう少し時間短めにしよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中