アーティチョーク


アーティチョーク – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AF

和名:朝鮮薊(チョウセンアザミ)。若いつぼみを食用とする。
ヨーロッパやアメリカでは広く食用とされているが、日本では栽培条件が合わないこともあって野菜としてはあまり普及していない(観賞用が多い)。

こちらのスーパーでは、アーティチョークが普通に売っています。1個$3くらい。
試しに1個買ってみました。

写真こんなんです。直径10cmのつぼみみたいな感じでしょうか。

写真根っことさきっちょを切ります。
本当はガクの1枚1枚の先に棘があるので、それぞれ切ったほうがいいみたいです。

写真断面。

写真グリルしても食べられるみたいですが、今回はシンプルに蒸してみました。
下味は不要で、20分くらいでOKです。竹串を刺してすっと通れば完成。
筍みたいな青い臭いがいい感じ。

写真 写真ガクを剥がして、内側の根っこ近くを歯でこそげとります。
ポン酢漬けると美味しいです。オリーブオイルとマスタードとビネガー混ぜたのでも美味でした。

写真ひたすら食べていくと、中心部が出てきます。
この毛は食べられないので、スプーン等でこそげとります。

写真残った台の部分が「アーティチョークハート」。
イモみたいなユリネみたいな感じで、甘くてほくほくしてて美味しいです。

アーティチョークハートは日本でも缶詰で売っていたりするようです。
ディップにしても美味しいそうで。

なかなか美味しいですが、普段食べるのに1個$3はちょっと高いかな。
パーティとかのときに出すのは面白いかも。

<参考>
揚げたてアーティチョークのユダヤ風
 http://home.impress.co.jp/column/bestfood/webtv/arti3.htm
スタッフド・アーティチョーク
 http://seesaawow.seesaa.net/article/2451225.html
アーティチョークのグリル
 http://cookpad.com/recipe/465968

広告

アーティチョーク」への3件のフィードバック

  1. 日本にはないのに そちらにはある食材
    また その逆も たくさんあるんでしょうね
    食の好きな2人のことだから
    レシピがいっぱい増えて いいですね!

  2. なんで朝鮮ってつくの?
    原産国違うよね?
    ゆうさんなら知ってるような気がする。[岩陰]・ω・` )ジイイ

  3. ●ゆた

    > 日本にはないのに そちらにはある食材
    > また その逆も たくさんあるんでしょうね

    魚卵系はこっちではあんまり見ないですね。
    日本系や韓国系のスーパーにはあるけど、冷凍輸入ものしかなくて高いです。

    ●れん

    > なんで朝鮮ってつくの?
    > 原産国違うよね?

    外国から来たのには「チョウセン」とか「トウ」とかつけるみたいね。
    トウガラシやトウモロコシもいっしょで、中国原産じゃないでしょ。

コメントは受け付けていません。