ムービングセール


 
Cesarが家の修理に来てくれる。

「ほら、ブラインド直ったぞ!完璧でしょ?」
「や、ちょっと短くないっすかこれ?」
「おっとっと!月曜にまた直すよ!」

「ほら、ここの収納も直したぞ!これで奥さんも大喜びだね!」
「や、なんかこれずれたところで止まりません?」
「おぉ・・・ちょっと待ってろ!今やるよ!」

「月曜に残りのこれとこれ直すよ!それで全部だよな?」
「やーあと一番目立つここの扉もお願いします」
「ああそうだった!ここも今やっちゃうよ!」

なんつーかまあ・・・ラテン系ってこんな感じなんですかね?
事前に修理要望箇所のリストを写真付で渡しているんですが、まったく効果ない模様。

ボストンにはけっこう日本人がいて、出入りも多いので、引越しの際に不要物を安価で売る「ムービングセール」というのが結構あります。今回、Hさんのムービングセールに行って、いろいろ買ってきました。
・加湿器×2
・クーラーボックス
・iPodのつけられる時計
・アイロン+アイロン台    等々。
安く手に入るし物も無駄にならないしで、いいですね~ムービングセール。
その場の雰囲気に流されて、いらないものまで買ってしまいそうになるのがちょっと怖いかも。

嫁はAndrewのところにバイク整備の手伝いに行きました。
ボストン来て1ヶ月足らずで、日本語喋れないこっちの若者と2人でバイク整備するなんて経験する日本人、ほとんどいないぞ・・・。
それなりに楽しく時間を過ごして来たらしいです。すごいな。
いい機会をくれたAlexとAndrew兄弟に感謝。

広告

ムービングセール」への2件のフィードバック

  1. ムーギングセールか、なるほど。
    私なんかはシンガポールから帰国する時は、家具も含めてすべて船便で持って帰ってきたな。

    12年近くシンガポールいたし、10年以上前の話だけどね。

  2. マンション(こっちではアパートか)の部屋を使ったフリーマーケットみたいな感じだよ。なかなか楽しい。

    完全な引越しじゃなくて、日本は日本で生活基盤があったりするからね。みんな置いてくるのさ。でも俺もベッドは可能なら持って帰りたいかも。

コメントは受け付けていません。