掌蹠膿疱症?


小学生のときから、大学生以降は特にひどく手が荒れるんですが、先日耳鼻科で、「扁桃の病巣感染による掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)ではないか」と言われました。
扁桃切除したら 手荒れも治るかも?

以下、覚書。

掌蹠膿疱症 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%8C%E8%B9%A0%E8%86%BF%E7%96%B1%E7%97%87

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、皮膚病の一つ。手掌・足底に無菌性の膿疱が反復して出現する。基本的に慢性難治性の疾患である。

掌は「てのひら」、蹠は「あしのうら」のことだそうで。

掌蹠膿疱症 – 皮膚科Q&A 社団法人日本皮膚科学会
http://www.dermatol.or.jp/QandA/pustulosis/contents.html

患者さんのうち2~3割は病巣感染や金属アレルギーが関与していることがわかっていますので、積極的に検査して、治療すれば掌蹠膿疱症も治癒が期待できます。残念ながら、患者さんのうち7~8割は検査をおこなっても原因を突き止めることができず、対症療法を受けることになります。

病巣感染が原因であれば、それに対処することで 掌蹠膿疱症も治るかもしれないとのことです。

掌蹠膿疱症 – ちかかね皮膚科
http://www.e-skin.net/dd_ppp.htm

治療は、感染病巣処置(扁桃除去など)ただし全例に効果が有るわけではない。感染病巣に対して抗生物質の内服で効果がある時があります。一般的には、ステロイドの外用薬が治療です。

確かに今年は扁桃炎で抗生物質飲みはじめてから、手荒れがおさまってきたような・・・。時期的におさまるころではあるので なんとも言えませんが。
ステロイドは確かに効くんですが、副作用が怖いです。

掌蹠膿疱症 – 岩元クリニック
http://www.mediawars.ne.jp/~iwamotoc/faq_html/ppp.html

経過は「季節に関わり無く寛解、増悪を繰り返す」と表現され、1年中手のひ
らや足の裏に膿疱が生じています。

私は季節に関わりあるので、違うかな?

掌蹠膿疱症に関して – 万葉の贈り物
http://www.geocities.jp/cvmahao/syouseki.html

私自身は、扁桃腺除去を選択しました。
ラーメンなどの麺類を食すときは、勢いよく「すする」ことは出来ません。
勢いよくすすると「咽て(むせて)」しまいます。

この人は組織検査で扁桃の病巣感染は見つかりませんでしたが、他に原因も不明だったので切除したそうです。その後も掌蹠膿疱症は出たとか。
ラーメンの件は気になります。

掌蹠膿疱症 – 医学ノートVer.2
http://suuchan.net/pukiwiki/pukiwiki.php?%be%b8%ed%a8%c7%bf%e1%d7%be%c9

元医学生の人がまとめていたノート。用語にリンクが張ってあって使いやすいです。
しかし医学生ってのは大変だなー。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と漢方薬 – 東西薬局グループ
http://www.tozai-yakkyoku.com/syousekinouhousyou.htm

掌蹠膿疱症は、自己免疫疾患が疑われる慢性病の一つですが、中医学(中国の伝承医学)による根本治療がしばしばよい効果をあげています。
根本療法の“腎と肺”の強化には、八仙丸がよいことが多く、眼精疲労などが強いときには、杞菊地黄丸を用いることもある。

体質が関わるので、漢方の記事も多いです。

掌蹠膿皰症(しょうせきのうほうしょう) – 岡本康仁堂漢方クリニック
http://www.okamotokojindou.com/allergy/detail09.html

中国漢方では「風」「熱」「湿」「火毒」の観点から治療を行います。よく見られるタイプは「胆経湿熱証」です。蒼术 黄柏 などの利湿剤に黄連 金銀花などの清熱解毒燥湿剤、茵陳蒿 薏苡仁 苦参 竜胆草などを組み合わせて治療します。

漢方サイトは、サイトによって書いてあることにゆらぎがあります。

掌蹠膿庖症 – シーちゃん先生の漢方相談で元気になろうよ! アクシスアン
http://www.acsysun.co.jp/counseling/byouki/b_jyouhanshin5.html

漢方治療の1ヶ月の予算は約40000円。

掌蹠膿疱症と漢方 – 伊勢佐木町漢方堂
http://www.yokohama-kampo.com/contents/kampo_007.html

漢方医薬学的には、掌蹠膿疱症は、自己免疫疾患のひとつだろうと考えられています。自己免疫疾患とは、身体の中の免疫システムが、何らかの原因により、自己と非自己の区別がつかなくなり、正常な細胞や組織を、本来は身体を守るべき免疫細胞が攻撃して、さまざまな症状が引き起こされる疾患のことをいいます。

このページも漢方の説明ですが、まとまっていて良いです。

掌せき膿庖症を完治して
http://www3.ocn.ne.jp/~hpps/index.html
掌蹠膿疱症/ビオチン療法
http://umeda.cure.to/column/ppp.html

体内のビオチン不足が原因となって掌蹠膿疱症が引き起こされているという説に基づいたビオチン療法が広く一般に知られるようになりました。ビオチンはビタミンHまたはビタミンB7とも呼ばれる水溶性ビタミンの一種で、副作用はないとされています。

ビオチン療法。日本ではこの2箇所が有名のようです。原因となる病巣感染が見つからない場合の治療法のよう。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) – アメリカンビタミンショップ
http://www.vitamin-shopper.com/p/category/03/02/index.aspx

アメリカでの研究ではビオチン不足による炎症体質の可能性は40%~50%くらいとされており、腸内でビオチンが十分に作れている方にはビオチンサプリメントによる効果を感じることができない方もいらっしゃいます。

2割が病巣感染、4~5割がビオチン不足、残り3~4割が不明?

死んでたまるか!―波瀾万丈の人生と全闘病記 難病「掌蹠膿疱症性骨関節炎」完治への闘い…
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%8B-%E2%80%95%E6%B3%A2%E7%80%BE%E4%B8%87%E4%B8%88%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%A8%E5%85%A8%E9%97%98%E7%97%85%E8%A8%98-%E9%9B%A3%E7%97%85%E3%80%8C%E6%8E%8C%E8%B9%A0%E8%86%BF%E7%96%B1%E7%97%87%E6%80%A7%E9%AA%A8%E9%96%A2%E7%AF%80%E7%82%8E%E3%80%8D%E5%AE%8C%E6%B2%BB%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%97%98%E3%81%84%E2%80%A6-%E5%A5%88%E7%BE%8E-%E6%82%A6%E5%AD%90/dp/4391130769

掌蹠膿疱症から骨関節炎に罹った女優 奈美悦子の本。

しかし大学時代に大学病院で診てもらったときは「異汗性湿疹(いかんせいしっしん)」という診断で、説明見るとこっちなのかもしれない。

汗疱状湿疹 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%97%E7%96%B1%E7%8A%B6%E6%B9%BF%E7%96%B9

原因
金属アレルギー、慢性の副鼻腔炎・扁桃炎による病巣感染、喫煙が原因になる。ストレスや自律神経失調症も悪化要因になる。

異汗性湿疹(汗疱)も病巣感染が原因であるのなら、いずれにせよ扁桃切除で効果があるかもしれない。ただ、異汗性湿疹の原因に病巣感染を挙げているのはWikipediaのみ。

異汗性湿疹・汗疱(いかんせいしっしん・かんぽう) – 平松皮膚科医院
http://hiramatu-hifuka.com/hifuk/hakkan.html

水ぶくれが出来ず最初から薄いかわむけで始まりかわむけで終わる場合もあります。
これも軽症の異汗性湿疹と考えてよいと思います。
ヴエンデ角質剥離症(ヴエンデかくしつはくりしょう)といわれるものです。

この写真は私の症例にそっくり。

異汗性湿疹・掌蹠膿疱症 – 森皮フ科クリニック
http://www.mori-hifu.com/h_060_shohseki.htm

異汗性湿疹と掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、この二つは、まったく異なる疾患ですが、(略) 異汗性湿疹は小さい水ぶくれと激しい痒みが特徴で膿疱はでません。掌蹠膿疱症の場合は痒みがあっても強くないことが多く、常にあるというわけではありませんが周期的に大きさのそろった膿疱が出現します。

やっぱり異汗性湿疹かな~。

異汗性湿疹・汗疱の情報をシェアするためのリンク集 – 総合科学部 よろづ取扱い科
http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20050721

多くのリンクがあります。が、リンク切れも多いです。

広告

掌蹠膿疱症?」への15件のフィードバック

  1. お疲れさまw。
    しょうがないよ、それはw。
    後でちゃんと記事読むねw。

  2. あ・・・・文章が増えてる。 
    ふ~ん。 酷い手荒れと扁桃腺って・・・・つながってたんだ。。。。
    (体は1個だからドッカ悪いと ドッカに影響が出るだろうけど・・・・)
    扁桃腺切除して 手荒れも治ったら 一石二鳥

  3. 尿素って粉末で売っているんですね!!
    私も弱いからわかるけど、皮膚疾患は治りにくいんですよね。
    他の部位の影響もあるってのは成る程です。

  4. すごい量のリンクですね。
    皮膚科では少なくない疾患で、うちにも患者さんはみえますよ。

  5. そうなんだ・・・。
    手あれひどかったよね。
    ちゃんと調べてもらってからでも遅くないと思うけど、扁桃腺は切っておいた方が海外に行くなら安心じゃないの?

  6. 汗疱は掌蹠膿疱症と異なり、汗腺のおおい場所(肘の内側や膝の屈曲側など)に出やすいのではないでしょうか。

  7. 遅れましたが、あけましておめでとうございます。
    しかも、ここに書くべきでないような気もしますが。。

  8. ああ、これって子供のに似てる。
    アレルギーの一種だと思ってた。
    我家では「脱皮」と呼んでいたけど・・

  9. すごい量の調べものです
    手荒れは 前々から 気にしてましたもんね
    もう 切るしかないですね!

  10. 食品添加物とか、洗剤とか、そちらを意識して見直してもだめかな。
    特にシャンプーとか。
    免疫機能をアップするのって難しそうですね。

  11. 「生活に著しく支障をきたす」ときは、強めのステロイドがでてたと思います。
    基本的には軽い治療法で気長に…という対症療法だったかな?

    また、医師は扁桃腺炎や虫歯がある人に対して
    それらの治療を積極的に勧めてます。

    ゆうさんも扁桃腺切除で手の症状が治るといいですね

  12. ●ゆかりさん

    > 手荒れは 前々から 気にしてましたもんね
    > もう 切るしかないですね!

    手荒れのために切るかどうかはともかく、近いうち切るでしょうね。

    ●アヤミトコンドリア

    > 食品添加物とか、洗剤とか、そちらを意識して見直してもだめかな。
    > 特にシャンプーとか。

    シャンプー系はいろいろ変えてみたよ。
    時期になると、なんでもダメだった。

    > 免疫機能をアップするのって難しそうですね。

    ストレスがよろしくないようで。

    ●ねこさん

    > また、医師は扁桃腺炎や虫歯がある人に対して
    > それらの治療を積極的に勧めてます。

    あ、やっぱり。
    異汗性湿疹でもそうなのかな~。
    皮膚科にも見てもらわんといかんということですな。
    ちなみに南区の某病院になりそうです。

コメントは受け付けていません。