<対話>


 
中島義道って哲学者がいるんですけど、この人の本は結構好きです。世の中に対する文句が面白い。客観的に見るとそうとうダメ人間なんですけどね。笑

その人の本で、「<対話>のない社会 ~思いやりと優しさが圧殺するもの~」(PHP新書)ってのがあって、その中で<対話>というのは以下のようなものであると定義されています。(一部省略や短くするための書き換えあり)

「<対話>とは各個人が自分固有の実感・体感・信条・価値観にもとづいて何ごとかを語ることである。」
「真理を求めるという共通了解をもった個人と個人とが、対等の立場でただ「言葉」という武器だけを用いて戦うこと、これこそ<対話>なのだ。」
「私の考える<対話>の基本原理をいくつか挙げておこう。
(1) あくまでも1対1の関係であること。
(2) 人間関係が完全に対等であること。
(3) 「右翼」だからとか「犯罪人」だからとか、相手に一定のレッテルを貼る態度をやめ、ただの個人として見ること。
(4) 相手の語る言葉の背後ではなく、語る言葉そのものを問題にすること。
(5) 自分の人生の実感や体験を消去してではなく、むしろそれらを引きずって語り、聞き、判断すること。
(6) いかなる相手の質問も疑問も禁じてはならないこと。
(7) いかなる相手の質問に対しても答えようと努力すること。
(8) 相手との対立を見ないようにする、あるいは避けようとする態度を捨て、むしろ相手との対立を積極的に見つけてゆこうとすること。
(9) 相手と見解が同じか違うかという2分法を避け、相手との些細な「違い」を大切にし、それを「発展」させること。
(10) 社会通念や常識に納まることを避け、つねに新しい了解へと向かってゆくこと。
(11) 自分や他人の意見が途中で変わる可能性に対して、つねに開かれてあること。
(12) それぞれの<対話>は独立であり、以前の<対話>で相手が言っていたことによる先入観を捨てること。」


最近、とある人とこの<対話>に近いことをやっています。真理を求める、といったオオゴトではないのですが。(1日60通近くのやりとりがある・・・)
普通の会話が遊び、ディベートがスポーツだとすれば、<対話>は真剣勝負のようなものです。疲れますが・・・非常に充実しています。

上記の本は、Amazonで試読もできるようです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/456955847X/qid=1139671484/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/503-7745956-8835153

広告

<対話>」への9件のフィードバック

  1. 今日はよく自分を見つめて、よく考えました!
    おやすみなさいませ。

  2. へえ〜。なるほどねえ、けっこう共感しますね。
    ぶつかりあう事は避けるのが賢明とされる社会生活だからね。
    私は追求型であり頑固なので、人の意見は人の者として理解するけど、譲らない。それは変わりたくないと思ってもいます。

  3. >ディベートがスポーツ
    やったこと有るんですか?
    一般的には 学ぶ機会が少ないですよね?

  4. む~んさんも 偏屈そうですもんね?笑

    <対話>の場合、かなりスルドイ発言が出てくるので、相手に対する信頼感(相手に対する悪意がこれっぽっちもない)がベースに必要です。たぶん。

    同じ著者に「私の嫌いな10の言葉」という本もあります。
    (1) 相手の気持ちを考えろよ!
    (2) ひとりで生きてるんじゃないからな!
    (3) おまえのためを思って言ってるんだぞ!
    (4) もっと素直になれよ!
    (5) 一度頭を下げれば済むことじゃないか!
    (6) 謝れよ!
    (7) 弁解するな!
    (8) 胸に手をあててよく考えてみろ!
    (9) みんなが厭な気分になるじゃないか!
    (10) 自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!

    わたしもこの(3)の言葉が嫌いで・・・この人の本を読み始めたきっかけですね。

  5. >>ディベートがスポーツ
    >やったこと有るんですか?

    高校のときにやったことがあります。文化祭かなにかの出し物だったか??

  6. 対話の(2)でもうツマヅキそう。
    完全に対等な人間関係ってどうやって判断したらいいのかな?

  7. 立場を利用した脅しが効かなければいいのじゃないでしょうか?

  8. 対話ってむずかしいよね。
    いつも悩んでしまうよ。
    今でも私は対話ができてるのかなって。
    歌いつ歌います?

コメントは受け付けていません。